ここから本文です

2015年度県議会政活費 自民会派が6件の報告ミス/富山

チューリップテレビ 9/4(日) 1:05配信

 矢後元県議が政務活動費をだまし取っていた問題で、県議会の各会派が、過去1年分の政務活動費を再点検した結果、自民党会派が、合わせて2万7000円あまり多く受け取っていたと発表されました。

これは、2日、開かれた、県議会の各会派代表者会議で、大野久芳議長が明らかにしたものです。

矢後元県議の不正を受けて、自民党会派が、昨年度1年分の政務活動費を再点検した結果、交通費が支給される本会議の開催日に、別途ガソリン代を請求するなど、6件の報告ミスがあり、合わせて2万7933円多く受け取っていたということです。

自民党会派は、先月26日に収支報告書の訂正願いを提出していて、返還利息を加えた2万8292円を、2日付けで、県に納付しました。

チューリップテレビ

最終更新:9/4(日) 1:05

チューリップテレビ