ここから本文です

マスチェラーノも重ねたメッシとディバラのデビュー戦退場劇 「メッシも同じことがあったと伝えた」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月4日(日)14時20分配信

メッシ2世は退場まで同じ

1日におこなわれたロシアワールドカップ南米予選のアルゼンチン代表とウルグアイ代表の一戦で、ユヴェントスで結果を出し続けていたFWパウロ・ディバラがアルゼンチン代表デビューを飾った。

ディバラはリオネル・メッシと同じレフティーであることや、サイズが似ていることなどもあってメッシ2世と言われる逸材だ。代表でもメッシ2世の名にふさわしい活躍が期待されたが、デビュー戦は2枚のイエローカードを受けて退場。かなりほろ苦いデビューとなってしまった。

チームに迷惑をかけたと傷つく若手FWに声をかけたのが経験豊富なMFハビエル・マスチェラーノだ。

『FourFourTwo』によると、マスチェラーノはディバラに対して「メッシも代表デビュー戦で君と同じことが起こったんだよと伝えたよ」と明かした。同じこととは、メッシが代表デビューを飾った2005年のハンガリー代表戦だ。

この試合でメッシは出場後すぐに相手選手の手を振り払おうとした行為が危険なものと判定され、レッドカードの処分を受けている。衝撃度で言えばメッシの方が上かもしれない。

今回ディバラはデビュー戦までメッシと同じような軌跡を辿るようなことになり、今後さらにメッシ2世との呼び声が高まるだろう。マスチェラーノも咄嗟にメッシのデビュー戦を思い出したようだが、ディバラはメッシの後を継いで代表を引っ張っていく存在となれるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月4日(日)14時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]