ここから本文です

未来を想像する、SFなTEDトーク10選

ギズモード・ジャパン 9月4日(日)22時40分配信

TEDとは「Ideas worth spreading」というスローガンを掲げ、価値あるアイデアを拡散することを目的としたアメリカの非営利団体です。TED Conference(テッド・カンファレンス)などの講演会を開催し、専門家や有識者たちの知見を世界に向けて共有しています。

各界の第一人者が登壇し、研究成果や自らの体験談、意識改革の提案などさまざまなトークを披露するこのプレゼンテーションイベントはTED Talksとして動画配信もされており、世界に大きな影響を与え続けています。

今回はそんなTED Talksの中でも、未来について想像するSFな名プレゼンテーションをピックアップしました。各分野、最先端の驚くような話題の数々は、SF的エンターテインメントとしても、人類の未来を想像する手掛かりとしても楽しむことができます。

プレゼンテーション自体のレベルも非常に高いので、自分に合ったプレゼンスタイルを見つける参考にもなるはずです。

1. 機械に奪われる仕事 ‐ そして残る仕事

アンソニー・ゴールドブルーム(Kaggle社CEO)
TED2016(2016年2月)4分36秒

まずは視聴しやすい短時間のプレゼンテーションから。

機械学習の優れた点と、人間がどの領域で機械に勝るかが簡潔に述べられています。更に自分の仕事を見つめ直す視点の提案までを5分に収めていて、短時間でアイデアを伝えるお手本のようなプレゼンテーションです。

2. 人間に新たな感覚を作り出すことは可能か?

デイヴィッド・イーグルマン(神経科学者)
TED2015(2015年3月)20分34秒

もしも知覚する世界を選択的に拡張できるとしたら…? 例えば世界経済の動きを直接知覚する人間が現れたら…? 

視覚や聴覚の補助の先に、感覚を追加する未来があるかもしれないというお話。新発想。夢が広がるプレゼンテーションです。

3. 子どもの嘘は見抜けるか?

カン・リー(発達科学研究者)
TED2016(2016年2月)13分36秒

子供のウソについての面白い研究成果を、ジョークと図表を交えて教えてくれます。ですが、油断して聞いていると「嘘をつけなくなる未来」の話に肝が冷えるかもしれません。

カン・リーさんが研究している、画像認識などを用いた感情を見抜く技術の、良い側面を強調したプレゼンテーション。図表の出し方とタイミングが完璧なので、その点も勉強になります。

1/3ページ

最終更新:9月4日(日)22時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]