ここから本文です

らき☆すた神輿にコスプレーヤー集結 久喜で土師祭、声優のトークも

埼玉新聞 9/4(日) 22:43配信

 埼玉県久喜市鷲宮の鷲宮神社周辺で4日、関東最大級の千貫神輿(せんがんみこし)が渡御する第34回「土師祭」(土師祭輿曾主催、埼玉新聞社など協力)が盛大に開かれた。

 鷲宮神社は人気アニメ「らき☆すた」の舞台として全国的に知られ、今年も県内外からアニメキャラクターなどの衣装をまとったコスプレーヤーや、「らき☆すた」の登場人物を描いた「らき☆すた」神輿の担ぎ手らも大勢集まった。祭りの終盤では本家の千貫神輿と、「らき☆すた」神輿が共演し、会場のボルテージは最高潮に達した。

 神社前の舞台では「らき☆すた」の柊つかさ役の福原香織さん、柊まつり役の明坂聡美さん、柊いのり役の升望さんら柊姉妹の声優がトークイベントを行った。舞台の周辺はファンで埋め尽くされ、テレビ放送が終了した今も「らき☆すた」人気が健在であることを証明した。

 商店街内を移動するステージでは、「それが大事」の「大事MANブラザーズ」の立川俊之さんが歌声を響かせ、会場を盛り上げた。インターネット上で評判を呼んでいるアニメソングメドレーギタリストの「きこり」さん、久喜市商工会応援サポーターで、土師祭のテーマソングを歌うアイドルグループ「Ring―Trip」も登場、東京・秋葉原のバー「秋葉原ディアステージ」による鷲宮出張ライブも行われた。

最終更新:9/4(日) 22:43

埼玉新聞