ここから本文です

【速報】錦織 逆転勝ちで全米OP2年ぶり16強、世界42位下す<男子テニス>

tennis365.net 9/4(日) 9:13配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は3日、男子シングルス3回戦が行われ、第6シードの錦織圭(日本)が世界ランク42位のN・マウー(フランス)に4-6, 6-1, 6-2, 6-2の逆転で勝利し、2年ぶり3度目のベスト16進出を果たした。

【錦織ら全米オープン対戦表】

第1セット、マウーの緩急をつけたテニスに対応することが出来ず、第5ゲームでブレークを許した錦織は、その後もチャンスボールをミスするなどでペースを掴めず、このセットを落とす。

第2セットに入ってもマウーにキレのあるショットを決められる中、第4ゲームで我慢のラリー戦を制した錦織が初のブレークに成功。さらに第6・第7ゲームを連取して、セットカウント1-1に追いつく。

そして、第3セットを40分で取った錦織が、第4セットの序盤では4ゲームを連取して主導権を握り、勝利を手にした。

4回戦では、第21シードのI・カルロビッチ(クロアチア)と予選から勝ち上がってきたJ・ドナルドソン(アメリカ)の勝者と対戦する。

もし錦織がベスト8進出を果たした場合、準々決勝ではリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で金メダルを獲得した第2シードのA・マレー(英国)と対戦する可能性がある。同日の3回戦でマレーはP・ロレンジ(イタリア)を下し、4回戦へ駒を進めている。

全米オープンで錦織は2014年にグランドスラム初の決勝進出を果たし、M・チリッチ(クロアチア)に敗れるも準優勝。2015年は1回戦でB・ペール(フランス)にフルセットで敗れた。

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)では銅メダルを獲得し、その後W&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)に出場したが3回戦で敗退。数日間の休養後、フロリダでトレーニングを積んで今大会に臨んでいる。

tennis365.net

最終更新:9/4(日) 9:22

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]