ここから本文です

マレー 34歳ベテランに苦戦も、全米6年連続16強<男子テニス>

tennis365.net 9月4日(日)14時45分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は3日、男子シングルス3回戦が行われ、第2シードのA・マレー(英国)がのP・ロレンジ(イタリア)を7-6 (7-4), 5-7, 6-2, 6-3で下し、6年連続のベスト16進出を果たした。

【錦織ら全米オープン対戦表】

この試合、マレーはロレンジの42を上回る63ものアンフォーストエラーを犯したが、7度のブレークに成功して34歳のベテランを退けた。試合時間は3時間16分。

4回戦では第22シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。両者は今回が10度目の対戦で、マレーから6勝3敗。直近の対戦のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)3回戦ではディミトロフが勝利している。

昨年の全米オープンでマレーは4回戦でK・アンダーソン(南アフリカ)に敗れており、2年ぶりのベスト8進出を狙う。

tennis365.net

最終更新:9月4日(日)14時45分

tennis365.net