ここから本文です

補強に積極的だったバルサと動き少なかったレアル バックアッパーが豪華なのはどっちのクラブ?

theWORLD(ザ・ワールド) 9/4(日) 17:53配信

バルサは各ポジションに実力者を揃えたが……

積極的な補強に動いたバルセロナと、最後まで静かだったレアル・マドリードは対照的な夏を過ごした。バルサは各ポジションに実力者を迎えたのに対し、レアルはアルバロ・モラタとマルコ・アセンシオを加えたくらいだ。そんな両チームに共通しているのは、バックアッパーを豪華にしようとしたことだろう。

バルサはブラーボの抜けたGKにイェスパー・シレッセンを加え、最終ラインにはピケとマスチェラーノのバックアッパー的存在としてサミュエル・ウンティティを獲得。さらにジョルディ・アルバに頼りきりだった左サイドバックにもリュカ・ディーニュを加えた。そして最前線ではMSNの負担を軽減するべくパコ・アルカセルを補強した。

これらの選手たちがいきなりスタメンを確保する可能性は低く、ベンチメンバーの層を厚くすることが目的の1つとなっていた。では、レアルとバルサのバックアッパーはどちらが豪華なのか。補強が終了した段階でスペイン『MARCA』がアンケート調査を実施した。

その結果、あまり補強に動かなかったレアルの方が豪華と答えた人が55%となり、レアルのベンチの方が全体的に豪華と考えている人が多い結果となった。レアルのベンチには前述したアセンシオとモラタに加え、サイドを担当するスペイン代表のルーカス・バスケス、何が起ころうともコロンビア代表のエースであるハメス・ロドリゲス、イスコ、マテオ・コバチッチ、最終ラインにも復帰したファビオ・コエントランにラファエル・ヴァランかペペが構えている。Bチームでもある程度の結果を残せそうなほど穴がない。

今のレアルは過去と比較しても抜群の安定感を誇ると評価されているが、クラブ史に残るほど豪華なチームとなっているのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/4(日) 17:53

theWORLD(ザ・ワールド)