ここから本文です

キリオス 股関節を負傷、全米OP無念の途中棄権<男子テニス>

tennis365.net 9月4日(日)18時7分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は3日、男子シングルス3回戦が行われ、第14シードのN・キリオス(オーストラリア)は世界ランク63位のI・マルチェンコ(ウクライナ)と対戦したが、6-4, 4-6, 1-6の時点で股関節の負傷により途中棄権した。

【錦織ら全米オープン対戦表】

キリオスは1回戦でA・ベデネ(英国)、2回戦でH・セバリョス(アルゼンチン)を破っての勝ち上がりだったが、3回戦は戦える状態ではなかった。

今年は(フランス/マルセイユ、ハード、ATP250)でツアー初優勝、アトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)では2勝目をあげた。また、世界ランキングの自己最高は現在の16位。

一方、勝利したマルチェンコは1回戦でI・ドディグ(クロアチア)、2回戦でD・ズムル(ボスニア)を下して勝ち上がり、思わぬ形で16強入りを果たした。

4回戦では、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)と対戦する。この日、ワウリンカはD・エヴァンス(英国)にマッチポイントを握られるも、フルセットの末に下してベスト16へ駒を進めている。

tennis365.net

最終更新:9月4日(日)18時7分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]