ここから本文です

ブッフォンの脇役だった男が明かす最高のフリーキッカー3名! 「ピルロ、ジュニーニョ、No1は……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/4(日) 18:50配信

イタリア代表を陰で支えた名手

今夏にフランスのモナコに移籍した元イタリア代表GKのモルガン・デ・サンクティスは、1994年のデビューから複数のクラブでプレイしてきた渋い名手だ。イタリア代表にもコンスタントに呼ばれていたが、ジャンルイジ・ブッフォンの存在が大きすぎたために出場機会はほとんどなく、イタリアの名脇役だったとの印象が強い。

もう39歳を迎えたデ・サンクティスはキャリアの中で複数のアタッカーと対峙してきたが、その中で最も厄介だったフリーキッカー、テクニックのあった選手を明かしてくれた。仏『Monaco TV』が伝えている。

「No1はシニシャ・ミハイロビッチだ。その次がアンドレア・ピルロ、そしてジュニーニョだね。僕が見てきた中で最高のフリーキッカーだよ。3人とも並外れたテクニックを持っていたんだ。最もテクニックのある選手では、3人の名前が浮かんだ。ジネディーヌ・ジダン、アレッサンドロ・デル・ピエロ、フランチェスコ・トッティだ。それにアントニオ・ディ・ナターレもね。彼はあまり話題に挙がらないけど、それはウディネーゼにいたからだ。彼のテクニックは凄かったよ」

「才能を無駄にしていたのはアントニオ・カッサーノだ。彼は巨大な才能を持っていたけど、常に仕事に集中しなければいけないことを理解していなかった。彼はいくつかの重大なことを達成したけど、もっと多くのことができたはずさ」

ミハイロビッチとピルロといえばセリエAを代表するフリーキッカーであり、デ・サンクティスらGKにとっては非常に厄介な存在だったことだろう。その他に名前が挙がった選手もイタリアの名手ばかりで、大ベテランのデ・サンクティスらしい時代を感じさせる選出となった。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/4(日) 18:50

theWORLD(ザ・ワールド)

なぜ今? 首相主導の働き方改革