ここから本文です

ブッフォンの脇役だった男が明かす最高のフリーキッカー3名! 「ピルロ、ジュニーニョ、No1は……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月4日(日)18時50分配信

イタリア代表を陰で支えた名手

今夏にフランスのモナコに移籍した元イタリア代表GKのモルガン・デ・サンクティスは、1994年のデビューから複数のクラブでプレイしてきた渋い名手だ。イタリア代表にもコンスタントに呼ばれていたが、ジャンルイジ・ブッフォンの存在が大きすぎたために出場機会はほとんどなく、イタリアの名脇役だったとの印象が強い。

もう39歳を迎えたデ・サンクティスはキャリアの中で複数のアタッカーと対峙してきたが、その中で最も厄介だったフリーキッカー、テクニックのあった選手を明かしてくれた。仏『Monaco TV』が伝えている。

「No1はシニシャ・ミハイロビッチだ。その次がアンドレア・ピルロ、そしてジュニーニョだね。僕が見てきた中で最高のフリーキッカーだよ。3人とも並外れたテクニックを持っていたんだ。最もテクニックのある選手では、3人の名前が浮かんだ。ジネディーヌ・ジダン、アレッサンドロ・デル・ピエロ、フランチェスコ・トッティだ。それにアントニオ・ディ・ナターレもね。彼はあまり話題に挙がらないけど、それはウディネーゼにいたからだ。彼のテクニックは凄かったよ」

「才能を無駄にしていたのはアントニオ・カッサーノだ。彼は巨大な才能を持っていたけど、常に仕事に集中しなければいけないことを理解していなかった。彼はいくつかの重大なことを達成したけど、もっと多くのことができたはずさ」

ミハイロビッチとピルロといえばセリエAを代表するフリーキッカーであり、デ・サンクティスらGKにとっては非常に厄介な存在だったことだろう。その他に名前が挙がった選手もイタリアの名手ばかりで、大ベテランのデ・サンクティスらしい時代を感じさせる選出となった。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月4日(日)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]