ここから本文です

日ハム、オリックスに6点差追いつかれ引き分け 7回に打者11人の猛攻許す

Full-Count 9月4日(日)18時36分配信

首位SBとは1ゲーム差、6日は大谷が先発へ

 日本ハムは4日のオリックス戦(ほっともっと神戸)で最大6点のリードを追いつかれ、延長12回降雨コールドにより引き分け。この日敗れた首位・ソフトバンクとは1ゲーム差となった。

 6点リードの7回。オリックスの打者11人、7安打の猛攻を食らって6失点した。4回に4点を先制していたが、大勝ムードは一変。打線は7回以降6イニング連続無得点に終わった。

 延長12回無死一塁の守りで激しい雨で中断。そのまま降雨コールドとなり、引き分けとなった。6日のロッテ戦(旭川)でエース・大谷が先発する見込み。負けなかったことは救いだが、中継ぎ登板した7月24日オリックス戦(札幌ドーム)からマウンドに立っていない剛腕で、流れを変えたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月4日(日)18時36分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]