ここから本文です

ホームでJ3クラブ相手にまさかの5失点…… 仙台指揮官「仙台に関わるすべての皆さんに謝罪をします」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/4(日) 20:00配信

主力メンバーが出場も……

天皇杯2回戦が3日に開催され、J3リーグに所属するグルージャ盛岡をユアテックスタジアムに迎えたJ1ベガルタ仙台だが、試合は2つ下のカテゴリーである盛岡を相手に2-5と大敗を喫した。

FWウイルソンなど主力メンバーを起用して挑んだ仙台だが、13分に先制点を許す。その後、18分に一度は追いつくが、26分、32分に立て続けて失点。後半も64分と74分に追加点を決められ、80分に途中出場のMF茂木駿佑が1点を返すが2-5でタイムアップの笛を迎えた。

試合後、仙台の指揮を執る渡邉晋監督は「あってはならないような結果を招いてしまいました」とコメント。「ベガルタ仙台に関わるすべての皆さんに、謝罪をします。本当に申し訳ありませんでした。天皇杯はこれで終わりましたけれど、勝利に結び付けることができなかったのはすべて私の責任ですので、しっかりとそれを真摯に受け止めていきたいと思います」と語った。Jリーグ公式サイトが伝えている。

その仙台は今後、10日に再びユアテックスタジアムで横浜F・マリノスと対戦。天皇杯の戦いは早くも終わりを迎えてしまった仙台だが、リーグ戦ではホームスタジアムで勝ち点3を獲得することができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/5(月) 3:41

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報