ここから本文です

次節から闘莉王復帰も…… J3長野に敗北の名古屋DF「悔しいですし、情けない」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/4(日) 22:00配信

「あってはならないこと」

名古屋グランパスのDF大武峻が3日に開催された天皇杯2回戦を振り返った。

リーグ戦で18試合未勝利と苦しい戦いが続く名古屋は、監督交代後の2試合目となった天皇杯2回戦でも、J3リーグに所属する長野パルセイロに敗北。0-0で迎えた後半アディショナルタイムに得点を許し、早くも大会からの敗退が決まってしまった。

同試合にフル出場した名古屋DF大武は試合後、カテゴリーが2つ下の相手に敗れたことについて「あってはならないことだと思いますし、悔しいですし、情けないですし、それだけです」とコメント。続けて試合を振り返り、「相手がプレッシャーを掛けてくるというのはスカウティングでもあったので、想定はしていました。ただ、それに対して僕らが上回れなかった。相手のプレッシャーが良かったというよりも、僕らがうまくビルドアップできなかったというところに問題があると思うので、そこは練習でやってきたことが、あまり前半はできなかった。相手の勢いにも押されて、そういう流れになってしまったなと思います」と語った。Jリーグ公式サイトが伝えている。

8月23日からクラブの指揮を執るジュロヴスキー監督の初陣では先制に成功しながらも後半アディショナルタイムに同点弾を許した名古屋、続く天皇杯でも試合終了間際に失点を喫し、監督交代後も2試合連続で勝利を逃した。次節は10日、敵地でアルビレックス新潟と対戦する。リーグ戦では18試合未勝利で降格圏に低迷しているが、同試合からDF田中マルクス闘莉王が復帰する名古屋の戦いに注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/5(月) 3:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合