ここから本文です

マクラーレン「予想以上の苦戦でQ3に進出できず。だが決勝で挽回できる」/イタリア土曜

オートスポーツweb 9/4(日) 8:17配信

 2016年F1イタリアGPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは13位、ジェンソン・バトンは15位だった。ロマン・グロージャンがギヤボックス交換により5グリッド降格されるため、3日土曜時点で、アロンソは12番グリッド、バトンは14番グリッドに繰り上がることが決定している。

【関連写真】マクラーレンが2017年バンドーン起用とバトンとの新契約を発表

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 ここはF1で最速のサーキットなので、予選で苦労するだろうことは最初から分かっていた。それでもQ3に進出できるような、強力なチャレンジができなかったことに失望を感じている。

 だが我々には決勝ではより強力な戦いをする力があることは分かっている。スタートタイヤを自由に選ぶことができるので、コース上でもピットレーンでも、順位を上げていくことを目指していく。

 明日は今日よりもいい結果を出したいと思っている。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/4(日) 9:01

オートスポーツweb