ここから本文です

アロンソ「マノーとの戦いになるとは残念。現実に引き戻された」:マクラーレン・ホンダ イタリア土曜

オートスポーツweb 9月4日(日)15時52分配信

 2016年F1イタリアGPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは13位だった。ロマン・グロージャンがギヤボックス交換により5グリッド降格されるため、3日土曜時点で、アロンソは12番グリッドに繰り上がることが暫定的に決定している。

【関連写真】マクラーレン、2017年のアロンソ&バンドーン体制およびバトンとの新契約を発表

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
フェルナンド・アロンソ 予選=13位
 この順位は、予選に向けて予想していたのと大体同じ位置だ。昨日のプラクティスはとてもうまくいっていたが、予選になって現実に引き戻された。Q1で厳しい戦いを強いられ、Q2では新品タイヤでは1周のみのアタックに賭けて、目いっぱいプッシュした。自分たちの仕事に満足すべきだろう。 

 モンツァが僕らのパッケージにとってきついサーキットであることは、最初から予想していた。それでもマノーを相手に戦うことになり、少し残念だ。

 今夜の間に戦略について研究する。スタートタイヤを選ぶことができるから、明日はすべての要素を最大限に活用して戦うつもりだ。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月4日(日)15時57分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。