ここから本文です

ライコネン「SSスタートがベストの選択。決勝で改めてメルセデスに挑む」:イタリア土曜

オートスポーツweb 9/4(日) 11:36配信

 2016年F1イタリアGPの土曜予選で、フェラーリのキミ・ライコネンは4位だった。

2016年第14戦イタリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)、ポール獲得に喜びを表す

■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 予選=4位
 今日はベストを尽くし、マシンの力を最大限に引き出した。もちろんフロントロウを確保できたらもっとうれしかったけど、これが僕らにできる精いっぱいだった。

 自分たちの限界を知り、やるべきことをやったことには満足すべきだけど、もちろん目標はもっと高いところにある。明日はまた別の一日。いいスタートをすれば、うまくレースを組み立てていけるだろう。

 スタートタイヤの種類が違うチームがあるけど、ロングランにおいてどうなるかは、明日になるまで分からない。でも僕らとしては、スーパーソフトでスタートするのが自分たちにとってベストな選択だと思った。

 長いレースになり、タイヤの管理も難しいし、いろいろなことが起こり得る。いい位置にい続け、何かが起きたら、最大限の結果を出すために努力する必要がある。ピットストップに関していい選択をするよう心がけ、その上で状況を見ていく。

 今日はライバルがかなり強力だった。でも明日最善を尽くし、彼らに挑戦するチャンスをつかみたい。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/4(日) 11:36

オートスポーツweb

なぜ今? 首相主導の働き方改革