ここから本文です

ペレス「エキサイティングな予選。ニコとも激しい戦いに」:Fインディア イタリア土曜

オートスポーツweb 9/4(日) 13:33配信

 2016年F1イタリアGPの土曜予選で、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは9位、セルジオ・ペレスは8位だった。

F1最新フォトコーナー

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 予選=9位
 9番グリッドという結果には、この上なく満足しているよ。なぜか今週末はマシンの調和とバランスを探り出すのに苦労していたから、2台がともにQ3に進出できたのは、良い結果だった。

 セッティングで多くのことを試し、少しの改善が見られたものの、バランスには完全に満足してはいない。

 明日はまた別の一日。タイヤが大きな役割を占めることになる。事態がどう展開するかが、興味深いね。

 グリッドの中団がこれほどの接戦だと、確実に正しく戦略的判断を下す必要がある。最終的な結果は、小さな差によって決まることになるだろうからね。

セルジオ・ペレス 予選=8位
 今日の結果には満足していいと思う。今週末はずっと苦労してきたけれど、昨晩はマシンバランスを改善させるべく懸命に働き、予選に向けて前進が見られた。

 幾人かのライバルは非常に良いペースを持っているが、僕らも2台のマシンがトップ10入りしているし、予選では最大限の力を発揮できたと思っている。

 Q1では、最初のランで完璧なラップをまとめ上げることが重要だった。それができたおかげで、Q2では新品タイヤが1セット余分に使え、少し余裕が生まれた。

 全体的に見るとワクワクするような予選だったし、ニコ(ヒュルケンベルグ)ともすごく激しいバトルができた。

 レースに向けての戦略オプションは限られていて、スーパーソフトタイヤで走る最初のスティントと、1周目がどんな展開になるかにかかっている。僕らのロングランのペースは一発のスピードよりも優れているので、前方のマシンと戦って、好結果を得られるといいね。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/4(日) 13:33

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]