ここから本文です

最低内圧を変更、それでもドライバーからは不満の声「1ストップ作戦は困難」

オートスポーツweb 9/4(日) 18:00配信

 ピレリは、2016年F1第14戦イタリアGPに向けて、タイヤの最低内圧を下げることを決定した。
 
 今季マシンの高速化を抑制するために、タイヤの最低内圧を上げて対処していたが、ドライバーからは「パフォーマンスに悪影響を及ぼしている」という声が挙がっている。

プロトタイプは不合格? どうなる新タイヤ

 ベルギーGPでは最低内圧が高すぎるとして、何名かのドライバーから不満が出ていた。それを受けてイタリアGPのフリー走行では、ピレリが指定の最低内圧を下げた。フロント23.0psi、リヤ20.5psiという設定に変更されている。

 しかし、金曜日の走行後、マクラーレンのジェンソン・バトンは次のように語っている。 

「モンツァは高速サーキットだし、タイヤに厳しいコーナーも多くない。それでもロングランでは多くのデグラデーションが発生している。ミディアムタイヤを使いこなすのが難しいんだ。スーパーソフトとソフトは、すぐにデグラデーションができてしまうしね。これまでのような1ストップ作戦は採れないかもしれない」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/4(日) 18:02

オートスポーツweb

なぜ今? 首相主導の働き方改革