ここから本文です

ロズベルグが逆転でモンツァ初優勝! アロンソがファステストラップを記録

オートスポーツweb 9月4日(日)23時28分配信

 F1イタリアGP決勝は、ニコ・ロズベルグが予選2位から優勝。チャンピオンシップで、ルイス・ハミルトンに2点差と迫った。フェラーリのセバスチャン・ベッテルは3位で表彰台に上がり、ティフォシからの声援を浴びた。

 レースは気温29度、路面38度のドライコンディションでスタート。いきなりポールポジションのハミルトンは出遅れ、ロズベルグがトップを奪う。続いてベッテル、ライコネンのフェラーリ勢。ハミルトンはバルテリ・ボッタス、ダニエル・リカルドの後ろ、6番手まで落ちてしまった。

 後方ではフェリペ・ナッセとジョリオン・パーマーが接触。ナッセには10秒ペナルティの裁定が出たが、結局は両者リタイアとなっている。

 13番グリッドからスタートしたマノーのパスカル・ウェーレインは第1シケインでストップし、26周リタイア。ダニール・クビアトはピットレーンのスピード違反でペナルティが出たのち、ガレージへ入ってレースを終えている。

 ハミルトンは序盤ボッタスを抜くのに手こずったものの、11周目には4番手、ライコネンとベッテルがピットインすると16周目には2番手まで上がってきた。メルセデスは、両者1ストップ。フェラーリは計算上は最速と考えられた2ストップ作戦を選んだが、メルセデスを脅かすことはできなかった。

 47周目にリカルドが第1シケインでボッタスを急襲、みごと5位を奪う。しかし、ウイリアムズはボッタス6位とマッサ9位で、コンストラクターズ選手権ではフォース・インディアを逆転してランキング4位を取り戻した。

 フェルナンド・アロンソは49周目に3回目のピットストップを行い、51周目にファステストラップを記録したものの結果は14位。ジェンソン・バトンは最終周までロマン・グロージャンを追ったが、逆転ならず12位とマクラーレン・ホンダは無得点に終わっている。

イタリアGP決勝レース暫定結果

1位:ニコ・ロズベルグ
2位:ルイス・ハミルトン
3位:セバスチャン・ベッテル
4位:キミ・ライコネン
5位:ダニエル・リカルド
6位:バルテリ・ボッタス
7位:マックス・フェルスタッペン
8位:セルジオ・ペレス
9位:フェリペ・マッサ
10位:ニコ・ヒュルケンベルグ
11位:ロマン・グロージャン
12位:ジェンソン・バトン
13位:エステバン・グティエレス
14位:フェルナンド・アロンソ
15位:カルロス・サインツJr.
16位:マーカス・エリクソン
17位:ケビン・マグヌッセン
18位:エステバン・オコン
リタイア:ダニール・クビアト
リタイア:パスカル・ウェーレイン
リタイア:ジョリオン・パーマー
リタイア:フェリペ・ナッセ

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月4日(日)23時40分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]