ここから本文です

『クリマイ』M・グレイ・ギュブラー、プロデュース業に「すごく興味がある」

クランクイン! 9月4日(日)11時20分配信

 プロファイリングを駆使して活躍するFBIのエリートチームを描いた大ヒットロングラン海外ドラマ『クリミナル・マインド』。全米では今秋からシーズン12に突入。日本では間もなくシーズン11が放送されるが、第1話から人気キャラクターのドクター・スペンサー・リードを演じ続けているマシュー・グレイ・ギュブラーが3度目の来日を果たし、出演者として、さらに監督として番組について語った。

【関連】「マシュー・グレイ・ギュブラー」来日インタビュー&ドラマ場面写真<フォトギャラリー>


 シリアルキラーの次なる犯行を防ぐべく、全米を股にかけて捜査に奮闘する、FBIに実在する行動分析課(BAU=Behavioral Analysis Unit)。マシューが演じるリードは、3つの博士号を持つIQ187の天才で、人並み外れた記憶力や速読力を用いて事件解決に貢献している大人気キャラクター。来日する度に空港で大勢のファンに迎えられるマシューのファンサービスは神対応だと評判だ。今回は前回の来日から5年ぶりだが、「5年前に僕の体は日本を離れたけど、ハートは日本にあったんだよ」と、日本を大好きだと語るマシュー。

 待望のシーズン11については、「とてもクールなシーズンだよ。アイシャ・タイラー演じる新キャラクターのタラ・ルイスが加入するしね」と目を輝かせる。続けて「僕が演じているリードが謎めいた失踪をして、数エピソードいなくなってしまうんだ。これがミステリーなんだけど、戻ってきた時にはものすごく重要な情報を得ていて、もしかしたら気が狂ってしまうかもしれないようなことに直面するよ」と見どころを明かしてくれた。

 シーズン11には、シーズン7でレギュラーから去ったエミリー・プレンティス役のパジェット・ブリュースターが、シーズン9以来のゲスト出演をしているそうだが、「そうなんだよ。エミリーは大親友だから、彼女が戻って来るのはものすごく嬉しいんだ! エミリーはシーズン12には6話も出演するんだよ」。


 マシューはシーズン5以来、毎シーズン1話か2話、エピソード監督をすることでも知られている。番組に深く関わっているマシューだが、プロデューサーに加わる予定はあるのだろうか?「すごく興味があるし、本作の脚本家やプロデューサーたちとはとても仲がいいから、僕は監督をする前から決定の場にいることが多かったんだ。映画と違ってTVドラマはプロデューサーと脚本家がメインなんだけど、僕はすでにその一部に加わっている感じだね」。

 監督するエピソードについては、「かなり変わっていて奇妙な脚本だと、僕に回ってくるんだよ(笑)。あまりにもクレイジーなアイデアの脚本で、『これはコケるかもしれないな。じゃあマシューに頼むか』って感じなんだよ~」と語るマシューだが、製作陣からの信頼が厚いからこそに違いない。

 「人を笑顔にすることが幸せ」だと感じるというマシュー。いつも明るい彼に会えば誰もが笑顔になるが、マシューに会えない時はどうすれば笑顔になれるか尋ねると、「そうだなぁ、それは僕も知っておかないとね…。(しばらく考えてから)柔らか~い恐竜とのジャイアントなハグをイメージしながら、唇をプルルルーッとふるわせた音を想像する。そうすると笑顔になれるんじゃないかな(笑)」と、マシューらしくチャーミングな“方法”を教えてくれた。

 『クリミナル・マインド11 FBI行動分析課』(毎週火曜23時)は、WOWOWプライムにて9月6日放送開始<第1話無料放送>。

最終更新:9月4日(日)11時20分

クランクイン!