ここから本文です

沖縄の島々、その魅力に触れる78の旅 本島住民に旅費8割助成

沖縄タイムス 9/4(日) 15:00配信

 沖縄本島に住む県民を対象に、県内19離島の自然文化を体験するモニターツアーの費用の8割を県が助成する離島観光・交流促進事業「島あっちぃ」の事務局はモニターツアーの参加者を募集している。応募期限は30日まで。翁長雄志知事は公約に離島の交流促進を掲げており、県は事業を通して離島の魅力を広く知ってもらい、地域特産品の消費や観光客の増加など、離島の経済活性化を目指している。

この記事の他の写真・図を見る

 県は3社の合同企業体(JV)に事業を委託。事業は2016年度から3年間を予定している。本年度は約1億円を使い、旅費やツアーの費用の8割を補助する。約3千人の参加者を見込んでいる。

 県が昨年度、本島に住む約1500人に実施した調査では、訪れたことのある離島に「石垣島」「伊江島」「宮古島」などの回答が多数を占め、その他の離島の多くは「あまり知らないとの回答もあった」(県担当課)という。事業でまずは本島の人から島の魅力を知ってもらい、将来的には離島の観光客増につなげたい考えだ。

 ツアーは計78種類。小規模離島を中心に『島のかーちゃん直伝の家庭料理作り体験』や『ゴルフ場で島人と交流試合』、『希少植物探検ウオーキング』など住人との交流イベントや島の自然、歴史などが学べる内容となっている。

 実施期間は16年10月下旬から17年3月中旬まで。おおむね2泊3日の日程で、ツアー以外にも島を自由に観光できる自由行動の時間も設定している。

 「島あっちぃ」事務局は、ツアーの参加者に離島の自然環境や生態系を崩さないといったことに留意するよう求めている。

 ツアーの詳しい内容や時期は、ホームページ(http://acchi.okinawa/)に掲載している。

 問い合わせは「島あっちぃ」事務局、電話098(860)6331。メールアドレスはotoiawase@acchi.okinawa

 受付時間は平日午前11時~午後5時。

■クイズに答えて航空券・特産品が25人当たる

 「島あっちぃ」事務局は離島の往復航空券や特産品が計25人に当たる「島あっちぃ離島クイズ」を始めた。応募期間は11月15日まで。

 クイズは全13問で、当選発表後、11月25日に開催予定の「離島フェア」で授賞式をする。

 「島あっちぃ」事務局のホームページから応募できる。「島あっちぃ応援し隊」に参加する店舗や企業でも応募用紙をもらうことができる。

最終更新:9/4(日) 15:20

沖縄タイムス