ここから本文です

かがやき定期化へ一斉乗車 新高岡駅、市民800人参加

北日本新聞 9月4日(日)0時28分配信

 北陸新幹線新高岡駅への速達タイプ「かがやき」の定期停車化を目指し、高岡市民がこぞって同駅から臨時「かがやき」を利用する一斉乗車キャンペーンが3日行われ、市民約800人が午前7時22分の臨時「かがやき」に乗車し、首都圏や長野県などへ向かった。 

 JR西日本金沢支社によると、全924席のうちグランクラス席やグリーン席に空きはあったが、普通席(843席)は満席となった。臨時「かがやき」の乗車率は平均で約30%で、満席となるのは極めて異例という。

 高岡市民の力で「かがやき」を満席にし、定期化への熱意をJRなどに示そうと行われた取り組み。一度に大勢の人が駅を利用するため、JRはこの日、普段より職員を9人増員して乗車案内などを行った。

 臨時「かがやき」が新高岡駅に入ると、ホームで待っていた市民が次々と乗り込んだ。同駅に1分間ほど停車し、大きなトラブルもなく出発した。

北日本新聞社

最終更新:9月4日(日)0時28分

北日本新聞