ここから本文です

おわらで見送り 風の盆・JR越中八尾駅

北日本新聞 9/4(日) 9:13配信

 1~3日に富山市八尾町中心部で行われた「おわら風の盆」を訪れ、始発列車で帰る人たちに踊りを披露する「見送りおわら」が4日早朝、同市八尾町福島のJR越中八尾駅であり、観光客が風の盆の余韻に浸った。

 福島おわら保存会(宮島章司会長)の青年男女が毎年行っている。この日は、34人が参加した。

 駅には町中心部で踊りや演奏を楽しみ、一夜を明かした人らが訪れた。午前5時40分発の富山行き列車に乗り込んだ観光客らに、男女の踊り手が、ホームで優美な所作を披露。乗客たちは車窓から演技を眺めて手を振り、笑顔を見せていた。

 その後、猪谷行きの始発列車に乗る観光客に対しても踊り、見物客から大きな拍手が送られた。

北日本新聞社

最終更新:9/4(日) 9:13

北日本新聞