ここから本文です

侍ジャパンU-18が2大会ぶり5度目のV 納が値千金のタイムリー

ベースボールキング 9月4日(日)22時28分配信

○ 日本代表 1 - 0 チャイニーズ・タイペイ代表 ●
<U-18アジア選手権・台中インターコンチネンタル野球場>

 2大会ぶりの優勝を目指す日本は、チャイニーズ・タイペイとの決勝戦に1-0で勝利し、5度目の優勝を決めた。

 両チーム無得点で迎えた6回裏に、試合が動いた。日本は2つの四球で二死一、三塁とチャンスを作ると、納大地(智弁学園)がライト前にタイムリーを放ち均衡を破る。タイムリーを打った納は一塁ベース上で、右手を突き上げてガッツポーズを見せた。

 この1点のリードを5回無失点に抑えた今井達也(作新学院)の後を受けて、6回からマウンドに上がった堀瑞樹(作新学院)が、4回を0安打、8奪三振と完璧な投球を披露。特に7回は3つのアウトを全て三振に封じた。

 勝利した日本の投手陣が今大会6試合で許した失点はわずかに1と、投手力の高さを見せつけた。

BASEBALL KING

最終更新:9月4日(日)22時41分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報