ここから本文です

野村萬斎さん、珠玉のボレロ 音楽堂15周年、和洋融合コンサート

北國新聞社 9/4(日) 2:46配信

 石川県音楽文化振興事業団の県立音楽堂開館15周年記念スペシャル・コンサート(本社特別協力)は3日、金沢市の県立音楽堂コンサートホールで開かれ、狂言師の野村萬斎さんがラベルの「ボレロ」に合わせて幽玄に舞い、和洋融合の珠玉の芸術を届けた。

 オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)が井上道義音楽監督の指揮で演奏した。旋律は単純なリズムの繰り返しから大迫力のクライマックスを紡ぎ出し、音色に呼応しながら少しずつ激しくなる舞が来場者を魅了した。

 OEKはモーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」を披露したほか、金沢素囃子(すばやし)保存会とOEK合唱団との共演で作曲家鈴木行一(ゆきかず)さんのOEK委嘱作品「勧進帳」を奏でた。

北國新聞社

最終更新:9/4(日) 12:06

北國新聞社