ここから本文です

石川M1 BCリーグ、きょう金沢で福井戦

北國新聞社 9月4日(日)2時46分配信

 ルートインBCリーグ後期(3日)石川ミリオンスターズは福井市営球場で福井ミラクルエレファンツと対戦、6―2で快勝した。富山GRNサンダーバーズが敗れ、石川の西地区後期優勝へのマジックナンバーは「1」となった。石川は4日午後6時15分から金沢市民野球場で福井と対戦、勝つか、富山が敗れると優勝が決まる。両チームとも引き分けても石川の優勝となる。

 石川は初回、先頭の坂本が中前打して二盗、2死後、三進した坂本を宮澤の中前打で還して先制した。

 さらに、三回2死一、三塁から宮澤の右前打で加点、四回1死から大村中前打、青木右前打、入谷右中間三塁打の3連打で2点を加え、五回2死一塁から桒原が左翼席へ11号2点本塁打を放った。

 打線の援護を受けた先発の安江は五回まで、わずか1安打、三塁を踏ませなかった。六回に大松に2点本塁打を許したが、7回を投げ、被安打5、奪三振6、与四球1の内容で16勝目を挙げた。

北國新聞社

最終更新:9月4日(日)12時6分

北國新聞社