ここから本文です

残り全勝を誓う本田、カギは代表全員の自覚「“自分が”という強い気持ちを」

SOCCER KING 9/4(日) 0:15配信

 2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の第2戦に向けてタイに移動した日本代表は、一夜明けた3日に現地で初練習を実施。MF本田圭佑(ミラン)は、6日に行われるタイ代表との一戦を見据えて「もう全部勝ちにいくつもりでやるしかない」と勝利を誓った。

 日本代表は1日にホームで行われた初戦でUAE(アラブ首長国連邦)にまさかの敗戦。なんとしても白星が欲しい第2戦を前に、本田は「もう全部勝ちにいくつもりでやるしかない。プレッシャーは初めからあるんで、とにかく自信を持ってポジティブに次の試合に挑んでいきたい。今までこれ以上のプレッシャーも経験してきてるし、正面からこのプレッシャーと向き合っていきたい」と意気込んだ。

 黒星スタートとなったUAE戦後には、日本代表の“勝負弱さ”を指摘した本田。チームに「根本的な気合と根性」を求める発言をしたが、アウェーではより一層必要となってくる部分だ。

「これ以上(勝負弱さを)出してはいけないんで、どうにかしないといけない」と危機感を募らせるが、それでも「僕自身、引っ張れるところは引っ張らないといけない」とチームをけん引していくことを改めて宣言。だが、日本代表である以上、全員が自覚を持つべきだとも主張する。

「経験のある選手は同じことを思っているでしょうし、若手は若手で引っ張られてばっかりじゃダメだって、たぶん責任感も芽生え始めているでしょう。“自分が”という強い気持ちを持ってやるのが日本代表なんで、そういう選手しか集まってないとおかしいんで。それをあとはピッチの中で表現して、結果として出すしかないですね」

 前日2日に行われた練習前には、UAE戦で代表デビューを果たしたMF大島僚太(川崎フロンターレ)と言葉を交わした。「僚太にとってはホントにすごいいい経験になったと思う。それをどういうふうに感じてたかってところもね、本人に聞いたりして。まあ本人が一番悔しいと思うので」と会話を明かしつつ、“先輩”らしい顔ものぞかせた。

 日本代表は6日に行われる第2戦でタイ代表と対戦。試合は首都バンコクのラジャマンガラ・スタジアムで、日本時間21:15キックオフ予定となっている。

SOCCER KING

最終更新:9/4(日) 0:49

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。