ここから本文です

「僕にとって人生最悪の日々は…」 バルサ一筋のイニエスタ、人生を振り返る

SOCCER KING 9月4日(日)14時26分配信

 バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、下部組織時代を振り返っている。スペイン紙『マルカ』が3日に報じた。

 現在32歳のイニエスタは、圧倒的なパスセンスと広い視野を武器にバルセロナ一筋で活躍を続けている。これまでに同クラブで出場した公式戦は588試合にのぼり、リーガ・エスパニョーラやチャンピオンズリーグなど数々のタイトルを獲得してきた。また、スペイン代表のとしても長く中心選手としてプレーしており、2度のユーロ優勝と、2010年に行われた南アフリカ ・ワールドカップ制覇を経験している。

 同紙は、9月5日にイニエスタが自伝を発表することを伝え、同選手のコメントもあわせて掲載した。イニエスタはそこで、「僕にとって人生最悪の日々はラ・マシア(バルセロナの下部組織)の時だ。おかしなことかもしれないが、本当だよ」とユース時代の日々が辛いものであったことを明かした。

 「家族のもとを去らなければいけなかった。毎日彼らを見れず、近くに居られなかった。とても辛かったね」とその理由を明かしたイニエスタ。当時12歳でバルセロナの下部組織へ入団した同選手は、「僕はラ・マシアに居たかったし、将来にとってベストな選択であることは分かっていた。けれどとても辛い時間だったよ」と改めて当時を振り返った。

 今では、世界中から愛される中盤の選手へ成長したイニエスタ。自身の辛い記憶を吐露したが、「僕がラ・マシアへ行くことを選んだ。そしてその経験が僕を作ったんだ」と語り、ユース時代のトレーニングが現在へ活かされているとした。

SOCCER KING

最終更新:9月4日(日)14時43分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。