ここから本文です

イングランド指揮官、過去にヴァーディ獲得を画策? 本人に直接激白

SOCCER KING 9/4(日) 16:46配信

 7月にイングランド代表の新指揮官に就任したサム・アラダイス監督が、ウェストハムの監督を務めていた2012年に同代表FWジェイミー・ヴァーディの獲得を試みていたことを明かした。3日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 同紙によると、アラダイス監督は2012年、当時イングランド5部のフリートウッドに所属していたヴァーディの獲得に乗り出していた過去をヴァーディ本人に打ち明けたようだ。フリートウッドのミッキー・メロン監督に接触していたが、オファーを提示する前にレスターへの移籍が決定していた。

 ヴァーディは「イングランド代表チームに合流した時、最初に監督はフリートウッド時代の話をしてきたんだ。僕をウェストハムとサインさせようと試みていたとね」と、アラダイス監督から直接話をされたことを明かした。

 イングランド代表は5日、2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループステージ第1節を迎え、敵地でスロヴァキア代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:9/4(日) 16:46

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。