ここから本文です

メッシの直筆サインが結婚を後押し! ファンのお願いに快く対応、祝福メッセージも送る

ゲキサカ 9月4日(日)13時29分配信

 世界最高の選手の直筆サインが、あるカップルの結婚を後押しした。アルゼンチン紙『オレ』が伝えている。

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの熱狂的なファンであるホルヘ・パボンさんが、恋人のセシリア・フェルナンデスさんにあるお願いをした。メッシ本人から、パボンさんとメッシがファンであるニューウェルズ・オールドボーイズのユニフォームにサインをもらえたら結婚してあげると。

 これを受けて、若き警察官のセシリアさんは、1日にW杯南米予選でウルグアイ代表と対戦したアルゼンチン代表が宿泊するホテルの出入り口まで行き、そのユニフォームと共に「リオ、ユニフォームにサイン。私は結婚する。お願い」と書かれた紙を、アルゼンチンサッカー協会のアルマンド・ペレス会長に託した。

 ペレス会長はこの思いに応え、ユニフォームをアルゼンチン代表キャプテンに届けた。再びセシリアさんのもとに戻ってきたユニフォームには、メッシの直筆サインと一緒に「結婚おめでとう。byレオ」と2人の結婚を祝福するメッセージが添えられていた。

 これにより、パボンさんとセシリアさんはめでたく結婚。さらに大胆な試みが成功した事実をビデオ撮影し、この動画がSNS上で拡散されると、様々な地元メディアに紹介され、話題になっていた。

最終更新:9月4日(日)13時29分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。