ここから本文です

今どき女子は地元を背負う! 9種類のご当地スカジャン登場。気になる各絵柄は…

Webマガジン コロカル 9/4(日) 12:41配信

コロカルニュースvol.1845

2016年のトレンドアウターと言われる〈スカジャン〉。男性向けのイメージがありましたが、ビッグメゾンが提案するトレンドの流れから、ちかごろは若い女子の間でもポピュラーな存在に。

【写真ギャラリーで見る】今どき女子は地元を背負う! 9種類のご当地スカジャン登場。気になる各絵柄は…

そんなスカジャンに、日本各地にゆかりのあるモチーフを刺繍であしらった〈ご当地スカジャン〉が登場!

デザインを手掛けるのは、人気ブランド〈FIG&VIPER〉のクリエーティブ・ディレクターをつとめる植野有砂(うえのありさ)さん。渋谷、池袋、広島、三重など、西武・そごう店舗にちなんだご当地モチーフをあしらった9種類がラインナップしています。

渋谷区の区花である花菖蒲にハチ公、109スクランブル交差点をあしらった渋谷。

西武といえば池袋! 豊島区の区花のツツジに、フクロウ、西武池袋本店をあしらいました。

そごう横浜店、西武東戸塚店がある神奈川県。横浜市の市花であるバラに、くじら、中華街をあしらっています。

そごう千葉店、船橋店がある千葉。千葉県の県花である菜の花、鯛、夢の国をあしらいました。

そごう神戸店、西神店のある神戸。神戸市の市花であるアジサイ、ポートタワー、タコが背面に。

そごう広島店がある広島。広島市の市花のキョウチクトウ、カープ(鯉)、平和祈念像をあしらいました。

大阪府の府花であるウメにサル、大阪城をあしらった大阪。なぜ猿なのか?というと、秀吉=猿だから!

このほかにも、伊勢海老が跳ねる三重と、サクラソウ、ハト、4時の鐘をあしらった埼玉も。

おしゃれをワンランクアップさせるご当地スカジャン、コーディネートに取り入れてみては? 価格はいずれも21,384円(税込)。西武・そごうのショッピングサイト〈e.デパート〉の限定販売となっています。


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:9/4(日) 12:41

Webマガジン コロカル