ここから本文です

「テクマ!」さん訃報がネットで大注目 地下音楽テクノ歌手に「一体誰?」

J-CASTニュース 9月5日(月)14時19分配信

 東京の地下音楽シーンで20年にわたり活動を続けていたテクノ歌手の「テクマ!」(本名・近藤伊久麿)さんが2016年8月31日、心不全により亡くなった。年齢は非公表。公式ツイッターアカウントで9月2日に発表された。

 テクマ!さんは1996年に音楽活動を開始。ニューウェイブと歌謡曲を融合させた、独自の世界観を持つサウンドが特徴。影響を受けたアーティストとして、「YMO」「デヴィッド・ボウイ」「美輪明宏」の名前を挙げていた。

■綾小路翔、志摩遼平さんらアーティストが追悼コメント

 テクマ!さんは、東京の地下音楽シーンで活動していたソロアーティスト。3枚のアルバムを発表していたほか、2012年には自身初のベスト盤「CDでベスト盤を出すハンサムは私だ。」をリリース。高円寺や下北沢のライブハウスを中心に、精力的にステージをこなしていた。9月17日・18日にも、「秋葉原CLUB GOODMAN」の20周年記念公演に出演予定だった。

 突然の訃報を受け、テクマ!さんと親交のあったアーティストは追悼のコメントをツイッターに寄せた。「氣志團」の綾小路翔さんは2日、テクマ!さんが愛用していた「○○なハンサムは私だ」というフレーズを引き合いに、

  「ハンサムな友達を失ったのは私だ。地球の顔面偏差値下げてんじゃねーよ」

と追悼。「ハンサムは良くも悪くもずっとアホでピュアなまま人生を全うしましたね...。今ただ、寂しいです」と悲しみをつづった。

 また、「ドレスコーズ」の志磨遼平さんも同日、「今日なぜか突然テクマ!さんの話になったんだよな。ちらっと寄ってくれたんならうれしいす。あなたは素敵でした、おやすみなさい」と偲んだほか、「撃鉄」の天野ジョージさんも「下北沢の顔面偏差値を上げたハンサムは私だ。テクマさんのご冥福をお祈りします」とコメントした。

 一般の音楽ファンからも、ツイッターやネット掲示板には

  「ショック大きすぎる。ご冥福をお祈りします」
  「慌ただしくて、テクマさんのこと今知った...動揺が止まらない...」
  「長く音楽活動やってた人だから対バンした人もバンドマンには多かろう

と驚きと悲しみを表す声が相次いで寄せられていた。

1/2ページ

最終更新:9月5日(月)17時32分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。