ここから本文です

キネ旬で池松壮亮特集、「俳優って言葉が嫌いだった」と語る1万字超インタビューも

映画ナタリー 9月5日(月)0時0分配信

本日9月5日発売のキネマ旬報9月下旬号にて、「池松壮亮 俳優の覚悟 日本映画への覚悟」と題した特集が展開される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

現在26歳にして、俳優歴15年を誇る池松壮亮。特集のメインとなる1万字超えのロングインタビューでは、「“俳優”って言葉自体、嫌いだったし、俳優だと言われることが嫌で嫌でしかたがなかった」という本音が語られる。映画デビュー作「ラスト サムライ」での渡辺謙や真田広之との思い出や、「現場でよくキレていた」と明かす「鉄人28号」の頃の自分、さらに「いきなり映画漬けの日々を過ごすようになった」という大学時代の生活などを振り返っている。さらに9月10日公開の「だれかの木琴」にてタッグを組んだ東陽一との対談、渡辺や「半分の月がのぼる空」の深川栄洋からのメッセージなども掲載。

なお同誌には、竜星涼、真剣佑のグラビアインタビューや、“ゴジ”こと長谷川和彦が「シン・ゴジラ」を語る企画なども用意されている。

最終更新:9月5日(月)0時0分

映画ナタリー