ここから本文です

IIJが「AWS Direct Connect」閉域網接続に対応

アスキー 9月5日(月)6時0分配信

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、Amazon Web Services(AWS)との閉域網接続に対応する「IIJクラウドエクスチェンジサービス for AWS」サービスを開始した。
 インターネットイニシアティブ(IIJ)は9月1日、Amazon Web Services(AWS)の閉域網接続サービス「AWS Direct Connect」に対応する「IIJクラウドエクスチェンジサービス for AWS」サービスを開始した。顧客のオンプレミス環境やIIJ GIO上のプライベート環境と、AWSのクラウドサービスとを閉域網で接続し、ハイブリッドクラウド環境をセキュアに実現する。
 

 この「IIJクラウドエクスチェンジサービス for AWS」は、IIJのバックボーン上に顧客専用のプライベートネットワークを構築する「IIJ GIOプライベートバックボーンサービス」を経由して、AWS Direct Connectを利用可能にするもの。これを利用することで、IIJ GIO上のプライベート環境やオンプレミス環境と、「Amazon VPC」や「Amazon S3」「DynamoDB」といったAWSのサービスとをセキュアに接続できる。
 
 同サービスでは、プライベートバックボーンとAWS Direct Connect間の回線を共有する比較的安価な「プラン1」と、大規模な構成に適した回線占有型の「プラン2」が用意されている。いずれも送受信帯域は固定されており、プラン1は50Mbps~1Gbpsの6種類、プラン2は1Gbpsの1種類。価格は個別見積もり。
 
 なおIIJでは2014年から、「Microsoft Azure」の閉域網接続(ExpressRoute)に対応した同様のサービスを提供している。これを併用することで、IIJ GIOプライベートバックボーン経由でAWS/Azureの両方に閉域網接続が可能になる。
 
 
文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

最終更新:9月5日(月)6時0分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]