ここから本文です

今週1週間は台湾全土でぐずついた天気に 5日は北部で大雨に注意

中央社フォーカス台湾 9/5(月) 12:08配信

(台北 5日 中央社)中央気象局が5日に発表した11日までの週間天気予報によると、台湾全土は低気圧の影響で大気の状態が不安定になり、1週間を通じて一時的に雨が降ったり、雷雨に見舞われたりする見込み。8日以前は中部や南部で大雨になる恐れもある。気象局は外出時には雨具を携行し、低くくぼんだ地域では浸水に注意するよう呼び掛けている。

気象局は5日午前、台北市、新北市、基隆市、宜蘭県で局地的に大雨になる恐れがあるとし、落雷や強風への注意を喚起した。同日の降水量は午前11時20分現在、頭城(宜蘭県)の121.0ミリを始め、四堵(新北市)で48.5ミリ、碧湖(同)で47.5ミリなどとなっている。

1週間の予想最高気温は台北市31~32度、中部32~33度、南部31~32度、北東部30~32度など。

中央大学大気学科の呉徳栄副教授によると、台湾全土の主要ダムの貯水率は多くの場所で7~9割。今回の低気圧などがもたらしたプラスの影響だと分析している。

(陳葦庭/編集:名切千絵)

最終更新:9/5(月) 12:08

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。