ここから本文です

春のスプリント王・ビッグアーサーが登場/セントウルSの見どころ

netkeiba.com 9/5(月) 10:03配信

 春のスプリント王・ビッグアーサーが登場。ここを勝って春秋スプリントGI制覇に向けて弾みをつけることができるか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

※なお、ここが最終戦のサマースプリントシリーズは、現在トップのベルカントを逆転できる馬のエントリーがないため、ベルカントの優勝が決定している。

■9/11(日) セントウルS(3歳上・GII・阪神芝1200m)

 ビッグアーサー(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)は今春の高松宮記念をコースレコードで制覇。デビューから5連勝の後重賞で勝てないでいたが、その鬱憤を大舞台で晴らした。今回はそれ以来のレースとなるが、昨夏から走り続けていただけに、ちょうどいい休養になっただろう。ここを勝って春秋スプリントGI制覇に向けて弾みをつけることができるか。

 ダンスディレクター(牡6、栗東・笹田和秀厩舎)は1月のシルクロードSで重賞初制覇を果たしたが、脚部不安のため高松宮記念を回避。ここが復帰戦となる。シルクロードSや2走前の阪神Cでビッグアーサーに先着しており、能力は王者に引けを取らない。休み明けでも走れるタイプで、ここも好走が期待される。

 その他、3月のオーシャンSを勝ったエイシンブルズアイ(牡5、栗東・野中賢二厩舎)、アイビスサマーダッシュ2着のネロ(牡5、栗東・森秀行厩舎)、GI馬スノードラゴン(牡8、美浦・高木登厩舎)、昨年の2着馬ウリウリ(牝6、栗東・藤原英昭厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

最終更新:9/5(月) 10:21

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。