ここから本文です

宇多田ヒカル、アーティスト活動再開後初のテレビ出演が決定

音楽ナタリー 9月5日(月)4時0分配信

宇多田ヒカルが9月22日(木・祝)放送のNHK「SONGSスペシャル」にて、アーティスト活動再開後初のメディア出演を果たす。

【この記事の関連画像をもっと見る】

宇多田がテレビに登場するのは2011年1月にNHK総合で放送されたドキュメンタリー番組「宇多田ヒカル ~今のわたし~」以来約5年8カ月ぶり。「SONGSスペシャル」で彼女は9月28日にリリースするニューアルバム「Fantome」より「道」「花束を君に」「ともだち」をパフォーマンスするほか、糸井重里によるインタビューに答える。番組には井上陽水もコメント出演。ナレーターは高畑充希が務める。

そのほか彼女は9月30日(金)放送のフジテレビ系「Love music 特別編 宇多田ヒカル ~ライナーノーツ~」にも出演。長澤まさみ、ハナレグミ、水曜日のカンパネラのコムアイ、クリス・ペプラーが宇多田について語り、その映像を観た宇多田がそれぞれの質問に回答する。また10月初旬にはテーマ曲として「真夏の通り雨」を提供した日本テレビ系「NEWS ZERO」に出演し、同曲をパフォーマンスする。

NHK総合「SONGSスペシャル」
2016年9月22日(木・祝)22:00~

フジテレビ系「Love music 特別編 宇多田ヒカル ~ライナーノーツ~」
2016年9月30日(金)23:30~

※「Fantome」の「o」はサーカムフレックス付きが正式表記。

最終更新:9月5日(月)4時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。