ここから本文です

「大阪880万人訓練」緊急メールの音響が各地で響き渡る

THE PAGE 9/5(月) 12:46配信

「大阪880万人訓練」緊急メールの音響が各地で響き渡る THEPAGE大阪 撮影:柳曽文隆

 大阪880万人訓練が5日午前、大阪府内で行われた。府内各地で携帯電話を持っていたら、マナーモードにしていても着信音が鳴る「大津波警報発表」の訓練通報メールを受信するというもので、大阪市内では突然の着信音に驚きの表情を浮かべる人もいた。

5日朝「大阪880万人訓練」実施 大阪にいたら音出る緊急メール受信

11時3分に「大津波警報発表」という想定で着信音付きメール

 同日午前11時3分ごろ、街では携帯電話の着信音があちこちで鳴り響いた。大阪府危機管理室災害対策課によると、同日11時に「地震発生」、11時3分に「大津波警報発表」という想定で、府内全域に向け緊急メールを発信したという。この訓練は今年で5回目の実施となる。

 警報発表メールを受信する時刻、大阪市中央区道頓堀周辺では、通行人の携帯電話から次々と着信音が鳴り響いた。友人と遊びに来ていたという大阪市内の女性は「なんで携帯鳴るんやろってビックリした。訓練でも『大津波警報』って文字は怖い。気をつけようとおもう」と話していた。

 また、約10分後、大阪市からも同様の着信音付きメールが届くなど、府内の各自治体でもメールを同様のメールが送られた。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.6690499&lon=135.5013139&z=18

最終更新:9/5(月) 12:59

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。