ここから本文です

東出昌大×池松壮亮×菅田将暉の熾烈な心理戦開始!「デスノート」最新作本予告公開

映画.com 9月5日(月)6時0分配信

 [映画.com ニュース] 「デスノート」シリーズ10年ぶりの続編「デスノート Light up the NEW world」の本予告が完成した。物語の基軸となるデスノート対策本部特別チームのエース捜査官・三島創(東出昌大)、Lの遺伝子を受け継ぐ天才・竜崎(池松壮亮)、サイバーテロリストの紫苑(菅田将暉)が、それぞれの信念のもと熾烈(しれつ)な心理戦を繰り広げるさまが収められている。

【動画】「デスノート Light up the NEW world」本予告

 映画の舞台は、デスノートを利用した大量殺人を犯したキラこと夜神月と、世界的名探偵Lとの命をかけた対決から10年後の世界。地上にもたらされた6冊のデスノートをめぐり、三島、竜崎、紫苑が頭脳戦を展開する。

 公開された予告編は、10年前の月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の映像から始まる。竜崎はLと交わしたデスノートについての約束を明かし、紫苑は弥海砂(戸田恵梨香)に「夜神月は生きている」と意味深に告げ、三島は切迫した様子で「これは罠だ!」と叫び、前作から物語がつながっていることを示唆。複数の伏線が全編にわたって複雑に張り巡らされていることがうかがえる。そして映像の終盤では、安室奈美恵が歌う主題歌「Dear Diary」にのせて、バラバラだった3人がひとつの結末へと向かっていく。

 「デスノート Light up the NEW world」は、大場つぐみ氏・小畑健氏による大ヒットコミックの実写映画化シリーズの続編を、原作にはない完全オリジナル脚本で描く。東出、池松、菅田、戸田と川栄李奈、船越英一郎、中村獅童(声の出演)らが共演。佐藤信介監督がメガホンをとる。10月29日から東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で公開。

最終更新:9月5日(月)6時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。