ここから本文です

セバスチャン・ベッテル「いつか自分たちのクルマが最高だと言える日が来る」

TopNews 9月5日(月)6時56分配信

フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、モンツァ・サーキットで行われたF1イタリアGP決勝を終えて次のようにコメントした。

●【ファステストラップ】アロンソ最速タイム!

■セバスチャン・ベッテル「僕たちには世界最高のファンがついている」
決勝/3位
「もちろん、チーム全員のためにもうれしく思うよ。僕たちにとってはすごく特別なレースだし、ここモンツァで表彰台に上ることができたのは本当に素晴らしいことだ。だけど、誰もが常に一番高い所を目指しているのは確かだし、ライバルたちにおめでとうと言わないとね。彼らは違う次元でレースをしていたよ」

「でも、僕たちも自分たちにとって最善の結果を得ようと試みたし、これは完ぺきな結果だよ。週末を通じてすごく順調だったし、クルマにもまったく問題が発生しなかった。僕たちはアップデートしたエンジンを持ち込んでいたんだ。だからマラネロ(フェラーリ本部)のみんなの支援に対してありがとうと言いたい」

「いろんなことが変わりつつあると感じている。もう少し時間はかかるだろうけれど、僕たちは正しい方向へと進んでいる。そして、今日みたいな日には人生は楽しむためにあるものだということが分かるよ。こんな大きな声援を受けるなんて本当に信じられないくらいだ。僕たちには世界でも最高のファンがついていると感じている。うまい言葉を見つけるのが難しいけれどね。ここの表彰台は、アドレア海じゃない。ここはティフォシ(熱狂的フェラーリファン)の海だよ」

「僕たちは荒れたシーズンを送っていた。高い期待がかけられていたし、大きなプレッシャーを抱え込んでいた。僕たちはミスを犯しもした。だけど一番大切なことは、僕たちがチームとして一丸となっていることだ。これからもまだ多くのレースに向かうことになる。僕たちにいいクルマがあることは分かっている。残念ながら、ここで最高のクルマがあると言えるだけの速さはないにしてもね。だけど、いつかそう言える日がくると確信しているよ」

最終更新:9月5日(月)6時56分

TopNews