ここから本文です

オーイシマサヨシ&鈴木このみの生歌でダンス「アニレゾ!!アニソンダンスバトル THE LIVE」レポートが到着!!

M-ON!Press(エムオンプレス) 9月5日(月)11時21分配信

レーベルゲートが運営する音楽ダウンロードサービス「mora ~WALKMAN~公式ミュージックストア~」が提供する音楽番組「アニレゾ!!~勝ち抜きアニソンダンスバトル~」(TOKYO MX1毎週金曜25:35~25:40)。

その特別編ともいえる内容で、番組に出場し個性的なパフォーマンスを披露した8人のダンサーを迎えて真の王者を決定するLIVEイベントが、8月29日(月)都内某所にて開催された。

MC、ジャッジ、DJを担当したのは番組メインMCでもあるRAB(リアルアキバボーイズ)の5名。さらに今回は“世界初”の試みとして、アニソンシンガーによる生歌唱をバックにダンス対決を行うという趣向も凝らされた。

ゲストアーティストにオーイシマサヨシと鈴木このみ。数々の大舞台を経験してきた二人にとっても自身のステージの目の前で即興ダンス対決が繰り広げられるというのは初めての試みとなった。

「どのようなイベントになるのか…」という緊張感が会場にも出演者の間にも漂いながら開演時間に。イベント開始と共にステージの幕が開くと、ステージ上にはオーイシマサヨシとRABがスタンバイしており、代表曲「君じゃなきゃダメみたい」のコラボパフォーマンスで開幕。会場のボルテージは一気に最高潮に達した。

その後ステージ上で8名のダンサーによる組み合わせ抽選を行い、ダンスバトルがスタート!世界初となる生歌唱でのダンスバトルに緊張も覗かせていた出演者だったが、アニソンイントロが流れる度に会場は歓声に包まれ、普段のアニソンダンスバトル以上の動きを繰り出した。

DJによる選曲はオーイシマサヨシと鈴木このみのカバー曲と持ち歌を織り交ぜた、このイベント限定のセットリストで、会場のボルテージを否応なしに引き上げていく。観客・ダンサー・歌唱、まさに三位一体となってひとつのエンターテインメントが立ち上がっていく様はまさに圧巻。テクニカルな面はもちろん観客を巻き込むエンターテインメント性や楽曲の展開に合わせたストーリー性、そして何よりダンサーによるアニソンへの熱い愛が考慮され、実力伯仲の名勝負が数多く生まれた。

アニソンシンガーの二人もダンスバトルがヒートアップするにつれ「自分もバトルしているような気持ちになってきた。奇跡を目の当たりにしています。」(オーイシマサヨシ)、「新境地を切り開けた気がします」(鈴木このみ)との熱い言葉もあり、終演後には「ぜひ大きな会場で共演を!」という力強い言葉も飛び出し、今後の展開にも期待が高まる内容となった。

気になる勝敗のゆくえや“世界初”のエンターテインメント誕生の瞬間を収めた模様は、9月29日(木)25:40~TOKYO MX1でオンエア。ぜひ新たなカルチャーの息吹きを、みなさんもテレビの前で体感して欲しい。

<「mora」に関して>
最新ヒット曲から邦楽、洋楽の名盤、アニメ他、話題のハイレゾまで充実のラインナップ。
豊富な決済方法でパソコン、スマホ(Android/iPhone)等から簡単に購入、再生ができます。
購入した楽曲はいろいろな端末で10回まで再ダウンロードできます。
mora ~WALKMAN(R)公式ミュージックストア~

※ WALKMAN(R)、ウォークマン(R)、およびそのロゴは、ソニー株式会社の日本国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ 「mora」およびモーラの名称、ロゴは、株式会社レーベルゲートの登録商標です。
※ その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

最終更新:9月5日(月)11時21分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。