ここから本文です

文科省「科学技術週間」標語募集9/5開始、応募は10/31まで

リセマム 9月5日(月)11時45分配信

 文部科学省は、平成29年度(第58回)科学技術週間の広報ポスターなどに活用する「標語」を募集。対象は小学生、中学生、高校生で、夢のあるスローガンを広く求めている。応募期間は9月5日~10月31日。

科学技術週間のWebサイト

 科学技術週間は、科学技術の大切さを多くの人に理解してもらい、日本の科学技術をさらに発展させることなどを目的に制定された。毎年「発明の日」の4月18日を含む月曜から日曜までの1週間を科学技術週間とし、全国各地の研究施設や科学館で一般公開や実験教室、講演会などが開催されている。平成29年度は4月17日~23日。

 標語は科学技術週間を広く国民に知らせるポスターなどに使われる。応募方法は、Webサイトから応募用紙をダウンロードし、標語、氏名や住所、学校名など必要事項を明記し、メールまたはFAX、郵送で送る。標語は決まった様式はないが、1人1点まで。

 応募作品は、外部選考委員の評価をふまえて文部科学省が選定。最優秀作品(1点)、優秀作品(15点以内)に表彰状や記念品を贈呈する予定。第57回は1万2,000点以上の応募作品から、愛媛県の小学3年生の標語「きみの目は みらいをのぞく むしめがね」が最優秀作に選ばれた。第58回の締切りは10月31日。

◆平成29年度(第58回)科学技術週間の標語募集
応募期間:9月5日(月)~10月31日(金)
対象:小学生、中学生、高校生
応募方法:Webサイトの応募用紙をダウンロードし、標語など必要事項を記入してメールまたは郵送、FAXで応募する

《リセマム 田中志実》

最終更新:9月5日(月)11時45分

リセマム