ここから本文です

女優イ・ヨンエさんを虚偽告訴 男に有罪判決=韓国地裁

聯合ニュース 9月5日(月)9時32分配信

【ソウル聯合ニュース】ソウル東部地裁は5日、韓国の女優イ・ヨンエさんに対する虚偽告訴の罪で起訴された50代の自営業者の男に懲役1年、執行猶予2年、社会奉仕命令200時間を言い渡したことを明らかにした。

 この男は、自身が所有する京畿道・楊平の土地からイさんが東屋二つと青銅製の灯ろう3個、マツの木を盗んだとの虚偽の告訴をした罪に問われていた。

 男は2012年10月に、不動産運営に関しある会社と合意書を作成した。その際、イさんが肖像権・パブリシティ権の提供者としてこの合意書に押印した。

 調べの結果、マツの木は男の土地に移植されてから外部に持ち出されたことはなく、東屋と灯ろうはイさんと関係のない造園業者が持ち出したことが分かった。これに関し男は、イさんが造園業者に持ち出しを指示したと主張した。

 裁判所は男の主張には証拠がないとして告訴を虚偽と判断、有罪を認めた。ただ、男に前科が無く、虚偽告訴によりイさんが実際に刑事処罰を受けてはいないことなどを踏まえ、執行猶予を付けた。

最終更新:9月5日(月)9時54分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。