ここから本文です

生瀬勝久、柄本時生ら出演ドラマ「侠飯~おとこめし~」Blu-ray&DVD BOX発売決定

CDジャーナル 9月5日(月)17時29分配信

 生瀬勝久、柄本時生らをキャストに作家・福澤徹三の同名小説を実写化、テレビ東京系「ドラマ24」で放送中の“任侠×グルメ”ドラマ「侠飯~おとこめし~」がBlu-ray&DVD BOXとなって12月14日(水)に発売されます。

 BOXにはドラマ本編ほか、イカの丸ごとホイル焼き、炙りマグロの柚子胡椒和え、アジのたたき茶漬けなど“侠の漁師飯”が登場するも放送されなかった幻のエピソードや、本編未収録となった一部映像、撮影現場風景 / オフショットを収めたメイキング、キャストがそれぞれ自慢の“侠飯”を披露する「俺の侠飯」、さらには、原作者の福澤徹三がおすすめの店で、榊 英雄監督、キャストの柄本時生、内田理央らが飲みながら撮影裏話などを繰り広げる新撮映像「ぶらり侠飯の旅!原作者×出演者×監督ぶっちゃけトーク」などを収録。封入特典として、ドラマ内で登場する全レシピを掲載した「侠飯~おとこめし~完全レシピ集」付き。

©「侠飯~おとこめし~」製作委員会

最終更新:9月5日(月)17時29分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。