ここから本文です

ホテルオークラ神戸で「長崎県フェア」 長崎伝統の名物料理提供 /兵庫

みんなの経済新聞ネットワーク 9月5日(月)7時0分配信

 神戸港近くのホテルオークラ神戸(神戸市中央区波止場町)ロビー階のカフェレストラン「カメリア」(TEL 078-333-3522)が現在、期間限定で「長崎県フェア」を開催している。(神戸経済新聞)

フェアランチ「長崎ばってん鶏のレモンステーキ 温野菜添え」

 2013年に始まり、今回で4回目を数える同フェア。神戸と同じ港町だが異なる食文化を持つ長崎県内の食材や長崎伝統の名物料理を提供する。

 「旅する長崎学セミナー」として、9月15日には「日本遺産の島々~国境の島 壱岐・対馬・五島~」セミナーを、翌16日には「日本における西洋料理の歴史」セミナーを開く。

 期間中の土曜・日曜・祝日には「長崎県ブッフェ」(大人=3,200円、シニア=2,600円、小学生=1,600円、幼児=1,000円)として、「島原手延そうめん」「長崎ちゃんぽん」「長崎ばってん鶏と島原産椎茸(しいたけ)のスープ」などを提供。「長崎県フェアランチ」(2,100円、税・サービス料別)は、「長崎県産的鯛(まとうだい)のピカタ」か「長崎ばってん鶏のレモンステーキ」にスープやデザートが付く。

 同ホテル洋食料理長の桑名弘志シェフは「的鯛は長崎で最もポピュラーな魚。洋食発祥の地である長崎なので、フェアランチではスタンダードな洋食メニューであるピカタで提供する。ビュッフェでは祝いの席で振る舞う『大村寿司(すし)』や、エビのすり身を挟んだ揚げパン『ハトシ』なども楽しんで」と紹介する。「自ら長崎へ行って地元のグルメを食べ、メニューを考案した。これからも新しい料理を取り入れていきたい」とも。

 営業時間は、「長崎県ブッフェ」=11時45分~13時15分、13時30分~15時(2部制)、「長崎県フェアランチ」=11時~14時30分。9月30日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月8日(木)11時3分

みんなの経済新聞ネットワーク