ここから本文です

小栗旬がサイコパスに挑む弁護士役で主演、連続ドラマ「代償」Huluで日米同時配信

映画ナタリー 9月5日(月)6時0分配信

小栗旬が主演を務めるドラマ「代償」が2016年秋にHuluで日米同時配信されることが明らかになった。

伊岡瞬の同名小説をもとにする「代償」は、かつて自身を不幸のどん底に叩き落とした男を弁護することになった敏腕弁護士・奥山圭輔の運命を描く全6話のクライムサスペンス。主人公・圭輔を小栗が、彼の両親を火事に見せかけ殺害したサイコパス・安藤達也を高橋努が演じるほか、淵上泰史、柳英里紗、柳俊太郎、堀部圭亮、片岡礼子、平田満、石橋凌がキャストに名を連ねる。ドラマ「世にも奇妙な物語」シリーズで演出を手がけてきた後藤庸介と、「電車男」「一週間フレンズ。」の村上正典が監督を務めた。

小栗は「『代償』は地上波のドラマなどではなかなか題材にしにくい物語。それを連続ドラマという枠組みで、約6時間使って掘り下げて作っていますし、面白がって観てもらえる作品になってるんじゃないかな、と思います。最初は弁護士もののスタイルで始まり、途中からはだいぶ路線が変わるんですけど、そういう点では“弁護士の仕事をしている1人の人間の生きざま”みたいなものが出ている作品でもあります」と作品について語っている。

※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記

小栗旬 コメント
役の印象と、演じてみての手応え
圭輔は心の病気を患いながらも、表向きは普通の顔をして生活していかなければならないキャラクター。“他者に対してある種、嘘をついている”ということを常に考え、感じながら演じなければならないんです。原作を読んだ時点で「これはしんどい役になるだろうな」と予想はしていましたけど、実際に撮影をしてみて「やっぱり、なかなか大変だな」と(笑)。特に、達也と再会してからの圭輔は、そわそわしている時間が最後まで続きますからね。撮影以外のときは、役のことをあまり考えないようにしようと思ってはいても、結局考えてしまうので、僕自身も日頃からざわざわしている感じがあります。
今回はありがたいことに、最初に全話分の台本をいただいたんですよ。キャラクター作りについて考える時間がたっぷりあるので助かっている半面、実はこれまでに経験したことのない難しさも感じています。というのも、撮影では1日中、苦しんで薬を飲むシーンを何話分も撮ったりするんです。「どうやって差をつけたらいいんだろう!?」と、表現のバランスの取り方で試行錯誤する日々ですね。

達也役の高橋努について
今回の現場でも、努くんの存在にすごく助けられています。普段から親しい間柄なので、先々撮るシーンのお芝居について話したり、読み合わせをしたりしながら、1人だけでは埋まりきらない部分を2人で共有できているんですよ。また、努くんが演じる達也は何を考えているのかよくわからないし、それでいて相手を射抜くような目をしているところもある! いざ会ってみると、やっぱりちょっと気持ち悪くて(笑)、僕もより圭輔として気持ちが入るんです。

日米同時配信について
自分たちが作った作品が海外の方にどのように感じていただけるのか気になりますね。キャストもスタッフも精一杯やりましたので。

見どころ、視聴者へのメッセージ
「代償」は地上波のドラマなどではなかなか題材にしにくい物語。それを連続ドラマという枠組みで、約6時間使って掘り下げて作っていますし、面白がって観てもらえる作品になってるんじゃないかな、と思います。最初は弁護士もののスタイルで始まり、途中からはだいぶ路線が変わるんですけど、そういう点では“弁護士の仕事をしている1人の人間の生きざま”みたいなものが出ている作品でもあります。なんといっても、あとからまとめて一気見できるのがいい! 実は僕自身、ネット配信サービスでドラマを見るときは、一気見できる作品を選びがちなんですよ(笑)。特に、この「代償」に関しては、最後にまとめて一気見することで、世界観がより深く伝わってくる作品なんじゃないかなって思います。

最終更新:9月5日(月)6時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。