ここから本文です

【マレーシア】〔ハラル情報〕「大鷲像はハラム」に非難相次ぐ、ランカウイ

NNA 9月5日(月)8時30分配信

 マレーシア・クダ州ランカウイ島のシンボルとして知られるイーグルスクエアの大鷲像が、ハラム(イスラム教徒の戒律で禁じられたもの)にあたり、撤去すべきだとする宗教指導者の意見が物議を醸し出している。4日付スターが伝えた。
 ペラ州副ムフティー(イスラム法の解釈と適用に関して意見を述べる資格を認められた宗教指導者)のザムリ・ハシム氏が執筆したコラムの中で、イーグルスクエアがハラムにあたると指摘。クダ州副ムフティーのシェイク・マルワジ氏が、ザムリ氏への返信として、自身のソーシャルメディアサイトにファトワー委員会(ムスリムの行為について協議する機関)で協議すると投稿した。
 これを受け、1,000件を超えるネットユーザーから「イーグルスクエアは宗教の象徴ではない」「同じ論理なら、クアラルンプールの国家モニュメントも撤去されるべきだ」などと反論のコメントが寄せられている。

最終更新:9月5日(月)8時30分

NNA