ここから本文です

難民問題に迫るベルリン金熊賞のドキュメンタリー「海は燃えている」2月公開決定

映画.com 9月5日(月)8時0分配信

 [映画.com ニュース] 第66回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した、イタリアのジャンフランコ・ロージ監督によるドキュメンタリー映画「Fire at sea(英題)」が、「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」の邦題で2017年2月に公開されることが決定した。

 今作の舞台は、アフリカからヨーロッパへ密航する難民たちの通過地点として知られる地中海の小さな島・ランペトゥーザ島。元来、漁師たちが暮らす静かな島だった同所で巻き起こる事件を、12歳の少年の視点で映し出す。ロージ監督は、住民たちに溶け込むため、1年半に渡り島に滞在して撮影を敢行した。

 12歳の少年サムエレは、イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島・ランペドゥーサ島で、友だちと手作りのパチンコで遊び、何の変哲もない日々を生きている。しかし、島には、アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口というもうひとつの側面があった。

 「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」は、2013年にドキュメンタリー映画として初めてベネチア国際映画祭金獅子賞に輝いた「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」のロージ監督が、難民問題に迫る。10月9日に「第11回UNHCR難民映画祭」(9月17日~10月23日開催)で日本初上映された後、2017年2月から、東京・Bunkamuraル・シネマほか全国で順次公開。

最終更新:9月5日(月)8時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。