ここから本文です

【K-1】世界を見据える上原誠、KOICHI戦へ闘志「格の違い教える」

イーファイト 9/5(月) 18:32配信

 9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催の『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~』に出場する上原誠(士魂村上塾)が、5日(月)都内で公開練習を行った。

【フォト】シャドーボクシングで体を温める上原誠

 上原は旧K-1やRISEなどの日本ヘビー級トップ戦線で活躍してきた、元RISEライトヘビー級&ヘビー級の二階級王者。今年3月に新生K-1に初参戦し、現在2連勝中。今大会ではK-1初参戦のKOICHI(バンゲリングベイ・スピリット)との“K-1ヘビー級日本人エース決定戦”に臨む。

 このほど練習メニューを「がっつり変えた」という上原。世界のヘビー級戦線で戦うことを念頭に、「外国人選手との対戦が決まってから始めるのでは遅いので、前もってしっかり準備しておきたい」との思いから、現在フィジカルの強化に取り組んでいるという。

「バーベルをかついだ状態で高くジャンプしたりとか、少しつまづいたら大ケガするような練習なので、今まで怖くてやってきませんでしたが、こういうのをしっかりクリアーしないと対世界というところでは通用しないですよね」と上原。以前は部位ごとに行うメニューをこなしていたが、現在は身体の連動性を高めるためのメニューをこなしており、既に普段のジムワークやスパーリングの中でも「これまでとは全然違う」と大きな手ごたえを感じていると話す。

 そんな上原はこの日の公開練習で気迫のこもったミット打ちを披露。以前にも増して鋭いワンツーから強烈なフックをミットに叩き込み、トレーニングの成果をうかがわせた。

 対戦相手のKOICHIは、30勝(16KO)9敗1分の戦績を持ち、これまでにM-1ヘビー級王座やWPMF日本ヘビー級王座に就いた実績を持つ。天田ヒロミ、羅王丸、野地竜太といった国内ヘビー級ファイターに勝利し、あのジェロム・レ・バンナとも2度対戦している。

「パワーというよりかはスタミナがあるので、1Rから3Rまであまり変わらず一定の力が出せる選手」とKOICHIを評する上原。”K-1ヘビー級日本人エース決定戦”とも言われる試合を前にも「プレッシャーはまったく感じていない。ここで負けてたら世界でなんか通用しないでしょう」との堂々ぶり。さらに「この新生K-1のヘビー級を作っているのは自分だと思っているので」とエースらしい発言も。

 試合に向けて、上原は「KOICHI選手は後からノコノコ出てきてK-1ヘビー級のエースの座を取ると言ってますが、僕は自分がK-1のエースと言ったわけではなく、周りがそう言って認めてくれたので。その違いを教えようと思っています」と、KOICHIに格の違いを分からせると宣言した。

最終更新:9/5(月) 18:32

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。