ここから本文です

「こち亀」最終巻の表紙が波紋 「部長がいない」「顔変わり過ぎ」

J-CASTニュース 9月5日(月)18時47分配信

 連載を終える人気少年漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の200巻目の表紙が発表され、ネット上で波紋を呼んでいる。最終回の内容が流出したとのうわさも出て、ファンらの間には混乱も見られる。

  「部長がいないのが凄く違和感。なんかあったの?」
  「顔変わり過ぎだな両津と中川は」

■「これ見ると限界だったんだろうな」

 「こち亀」の終了は2016年9月3日の連載40周年記念イベントで発表され、17日に発売される最終巻「40周年だよ全員集合の巻」の表紙も明らかにされた。しかし、2ちゃんねるなどでは、表紙について、感慨深いなどと名残を惜しむ声が出る一方で、キャラ選びなどに異論を唱える声も出ている。

 表紙では、主人公の両津勘吉が、にこやかに手を振る後ろで、漫画を彩ったキャラが描かれている。美形の中川圭一やお嬢さまの秋本・カトリーヌ・麗子はすぐ後ろで手を振っていたが、上司の大原部長の姿はなかった。その代り、漫画の後半から登場する寿司屋のキャラたちが大きく描かれている。

 これに対し、連載開始当時から読んできたような古いファンらの間では、不満の声が漏れている。最終巻なのに、漫画に欠かせなかった部長が描かれておらず、初期のころに比べて両津や中川の描写が変わり過ぎていることが気になるらしい。「これ見ると限界だったんだろうなと感じる」といった指摘さえ出ていた。

 さらに、17日発売の週刊少年ジャンプに載る最終回について、関係者らがその内容を説明したかのような真偽不明の書き込みが、まとめサイトなどで4日に出回り、論議になっている。

 それは、両津が寿司屋の娘と、中川は大阪娘と、麗子は1年前に画家と、それぞれ結婚したというものだ。

集英社「コメントすることはありません」

 さらに、大原部長が警部補(係長)になって「在署勤務」になるとし、「あとは発売日までお楽しみに 28ページだよ」などと書かれている。

 このような連載終了のあり方に理解を示す向きはあったものの、不満の声も相次いでいる。「しっくりしないなぁ」「結婚するわけねーだろw」「結婚ならやっぱ麗子やろうなあ」といった書き込みのほかに、「最後に両津が全部破談にするオチなら評価するわ」「最後のコマは『両津のバカはどこだ!』で終わってくれや」「宇宙船に乗り他の惑星で悪さしてる方がいい」など様々な意見が出ていた。

 作者の秋本治さんは、9月4日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」での出演で、万一のときなどに備え、だいたい5週分ぐらい編集部でストックしていると明かした。しかし、最終回について描いたのかと聞かれ、「もう、これから」だと否定している。アイデアについては、「だいたいあります」という。もっとも、収録は4日以前だとみられ、最終回をすでに描いている可能性はある。

 集英社の広報部では、J-CASTニュースの取材に対し、次のように答えた。

  「最終回の内容につきましては、発売する前には伏せさせていただいています。内部からそれが流出したという話は聞いておらず、こちらからの情報ではないと思います」

 最終巻の表紙については、通常版と特装版があり、発表したのは、通常版の正式な表紙だと説明した。ネット上で異論が出ていることには、「意見に対して、こちらが何かコメントすることはありません」と話している。

最終更新:9月6日(火)11時56分

J-CASTニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。