ここから本文です

夜神月は生きている!?菅田将暉が不敵な笑み浮かべる「デスノートLNW」予告編

映画ナタリー 9月5日(月)6時0分配信

東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が共演する「デスノート Light up the NEW world」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「アイアムアヒーロー」の佐藤信介が監督を務めた本作で描かれるのは、キラこと夜神月と世界的探偵・Lの死から10年後の世界を舞台に、6冊のデスノートを巡って繰り広げられる争奪戦。東出はデスノート対策本部捜査官・三島創、池松はLの遺伝子を継ぐ男・竜崎、菅田はサイバーテロリスト・紫苑優輝を演じている。

予告編は、「もっと面白いもん、見せてもらおうじゃねえか」とデスノートを揺らす死神・リュークや、それぞれの信念のもとに三つ巴の戦いを繰り広げる三島、竜崎、紫苑の姿を映し出す。戸田恵梨香演じる弥海砂(あまねみさ)に、紫苑が不敵な笑みを浮かべ「夜神月は生きている」と告げる場面も。

「デスノート Light up the NEW world」は10月29日より全国ロードショー。



(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

最終更新:9月5日(月)6時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。